ツイッター断ちその後

夏期休暇のタイミングでツイッターFacebookから離れていたわけですが
ツイッター断ちってわけじゃないけど - 職場のマーライオン

ちょうど誕生日が8月1日だったので、その日になったら見てみようと決めてました。

スマホからはTwitterFacebookのアプリを一旦削除していましたが、このタイミングで再度ダウンロードしてのぞいてみました。

ありがたいことにどちらも誕生日のメッセージを頂いており、それに返信した後はしばらくタイムラインを眺めてました(ちょうど休みも取ってたから暇つぶしに)。

Facebookは「遊びに行ってきたよ」「走ってきたよ」といった基本的にレジャー・イベント報告なので楽しく眺めることができました。
対してTwitter。久々にタイムラインをざっと見た感想は「皆イラついてるな」というのが正直なところ。タイムラインがイラついてるということは、私自身もTwitterにどっぷりハマってた時はイラついたらすぐに呟いて、何か反応を待っていたということなんだと気付きました。

言い訳になりますが誤解のないように言うと、私がフォローしている方々が悪いなどとは全く思いません。呟くことで発散することは必要だし、私もそれで助けられてた部分が多くあったのは事実です。

とはいえ、しばらく距離を置いてから改めて眺めると、読んでた自分が疲れを感じたのも事実なので、またしばらく離れて様子を見ようと思います。