退職記念日

今の仕事じゃなくて前職の「退職記念日」。

4大卒の内定率が史上2番目に低かった学年で、それでもようやく就職した会社を2年足らずで辞めたのが15年前の今日。(正式には2月28日付だけど、消化してない年休を入れて最終出勤となった。)前の会社は地元の印刷会社で、校正・校閲を担当する部署にいた。

自分の同期がどんどん外に営業に出るのを目にして(それはそれは本当に大変な苦労をしていたのだが)反面、自分の担当部署は外と接することが殆ど無く(外線電話すらかからない)、このままで自分は社会人としてのスキルが積めるのだろうかと心配になったり、給料がそれほど上がる見込みもなくやっていけるのだろうかと思ったり、まあいろいろ悩んでいて「じゃあ辞めようか」と思った結果が今に至っている、

転職当初は辞めなかった方が良かったのかもと後悔しかかったことも多くあったし、その後もたまに迷う時があったが(今でもたまに思うと)、今の会社にいなければ一人暮らしもせず、ましてや東京に数年転勤で放り出して貰うこともなかったのだから、今のところは良かったのかと思ってる。少なくとも今の収入はなかっただろうなと。

そういや前の会社の時、仕事量の変動が結構あったことから、暇な時は本当に何もすることがなくて非常に苦痛に感じていた時にふと「目が回るほど忙しい仕事をしてみたいものだ」と考えたことがある。

…神様はその時の私の願いを叶えてくださったことは間違いないです。転職してから「暇で暇でしょうがない」なんて日はほぼ無いまま今に至っておりますから。